« 勇気流 | トップページ | アマチュア名人戦 岐阜県予選のご案内 »

2017年5月30日 (火)

将軍の実戦より

Ieharu
十代将軍徳川家治の指した実戦より

先手が家治 後手が二代目伊藤看寿 (無双の作者看寿の息子)

安永5年(1776)に指された将棋で後手は横歩取り4五角戦法でした。

こんな昔から4五角が指されていたのですね。先手家治はここから見事に後手玉を

詰ましました。相手が将軍ですから今流行の言葉でいえば忖度(そんたく)があったとは

思いますが家治将軍がかなりの棋力があったのは間違いないようです。

Pic_3355

何年ぶりかで行ったココイチ ポーク ごはん400グラム 1辛で566円(税込)

« 勇気流 | トップページ | アマチュア名人戦 岐阜県予選のご案内 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1673520/70719142

この記事へのトラックバック一覧です: 将軍の実戦より:

« 勇気流 | トップページ | アマチュア名人戦 岐阜県予選のご案内 »