2016年12月10日 (土)

忘年将棋大会

今年最後の例会を明日11日に行います。 高山総合福祉センター 13時~17時
 
忘年将棋大会です。 参加料 500円 3位まで賞品があります。
 
飛騨支部会員以外の方も参加をお待ちしておりますので お気軽にどうぞ!
 
3階集会室にて実施致します。
 
Pic_3006
酢豚
 
Pic_3016
八宝菜

2016年12月 9日 (金)

塚田名人

昭和24年の名人戦第一局 先手塚田名人 後手木村前名人
Tukada
昨日の竜王戦と余り変わらない局面ですね。 戦形によっては今とは随分形が違って
 
たりしますが 腰掛銀は局面見ただけでは時代が判らないようです。
 

2016年12月 7日 (水)

自作詰将棋

Jisaku1
たまには詰将棋でも作ってみるかと軽い気持ちで作って見ました。余詰が怖い。
 
Pic_3141
 
 
Pic_3143
 
Pic_3145
焼き肉屋さんでのランチ カルビクッパ コーヒー付で800円

2016年12月 6日 (火)

プロも驚く

沖縄で行われた叡王戦第1局から 先手 千田五段 後手佐藤名人
 
Eiou1
▲5八玉にはびっくりしますが前例はあったようです。以下乱戦模様になり
 
しばらくして (次図)
Eiou2
△5一歩とは飛車交換に備えた手のようですがなんとも渋い手でした。
 
観戦していたプロが驚く手が出た将棋でしたが佐藤名人が先勝しました。
Pic_3050
 
海老と卵の炒め物
 
 

2016年12月 4日 (日)

12月 高山例会

本日の参加者 支部長 相談役 ベテランAさん あと古川からKさんに久しぶりのMさんと
 
管理人 あと4時過ぎにゲストの方が参加して下さいました。(柿ありがとうございました。)
 
Mさんとの一戦 久しぶりに2歩を打ってしまい しかも何手か進んでから気がつくという
 
情けなさで泣きたくなりました。気が緩んでる証拠ですね。
 
来週は今年の最終イベント 忘年将棋大会を行います。飛騨支部会員以外の皆さまも
 
腕試しに挑戦して下さい。 3位まで粗品進呈 会費は500円です。
 

2016年12月 3日 (土)

理外の理

函館で行われた竜王戦第5局 先手丸山九段 後手渡辺竜王
Ryuou5
今△2七桂と打ったところ。普通戦いが始まってから桂を打ってまで端の香を取りに行く手
 
が好手に なる場合は少ないように思いますが理外の理というかレアケースというか
 
この場合は妙手だったようです。
 
この後は素人目にはどちらが優勢なのか判らない戦いになりましたがリードを
 
守り切ったのか後手の勝ち。 これで渡辺竜王3勝で防衛に王手となりました。
 
Pic_3137
 
唐揚げ最高!
 
 
 

2016年12月 2日 (金)

臥竜の郷

Pic_3135
高山でかなり古くからある温泉施設。 久しぶりに行きました。

2016年11月30日 (水)

12月の予定

早いもので今年も残り1か月となりました。
 
飛騨支部 12月の例会予定
 
場所 高山総合福祉センター
 
日時 4日(日) 11日(日) 13時~17時まで
 
尚 11日(日)忘年将棋大会を行います 会費500円 3位まで賞品有りです。
 
飛騨支部会員以外の方もお気軽にご参加下さい。
 
4日は自由対局日です。

2016年11月29日 (火)

ゴミハエ問答

昭和24年に金沢で行われた全日本選手権戦(竜王戦の前身)より
 
先手が木村名人 後手が升田八段(当時)
 
Gomihae
後手桂を捕獲しましたが先手に押さえ込まれる危険もあります。この将棋は翌日
 
午前4時までかかり(持時間7時間)200手超える大熱戦となりましたが後手
 
升田勝ちとなりました。 そしてご苦労様でしたと酒宴が始まったのですがそこで
 
升田「名人なんてゴミみたいなもんだ」
 
木村「名人がゴミなら君はなんだ?」
 
升田「ゴミにたかるハエみたいなもんだ」
 
木村「君も偉そうことばかり言っていないで一度は名人挑戦者になったらどうだね」
 
これが有名なゴミハエ問答でした。
 
2年後升田八段は木村名人に挑戦しましたが敗れます。しかし翌年王将戦で
 
香落に名人を指しこんであの陣屋事件が起こったのでした。
 

2016年11月28日 (月)

神田八段が挑戦者

第3期名人戦は50歳の神田辰之助八段が挑戦者でした。神田八段といえばこの先生の
 
八段昇段を巡って棋界が一度は分裂しましたが関根名人らの尽力により 無事に元に
 
収まった後の名人挑戦でした。 その第一局 先手神田八段 後手木村名人
 
Kanda
素人目にも何か先手勝ち筋がありそうな気がするのですが 時間切迫もあってか先手勝ち
 
きれず 後手の勝ち 結局4連勝で木村名人の防衛となりました。
 
神田先生実はかなり健康を損ねていたようで名人戦の後は一局も指されないまま
 
翌年亡くなられたのは残念なことでした。(後に九段)
 
その後の第4期は予備戦で名人挑戦の資格を得る棋士がなく(当時の規定)
 
木村名人が防衛。 太平洋戦争の激化に伴い 棋士も徴兵や徴用に駆り出せられ
 
実質活動停止状態になり ついには 連盟本部も戦災で焼けてしまいました。
 
思えば過酷な時代だったんですね。
 
少しですが戦前の名人戦と将棋界を勉強してみました。

«定山渓の一戦